北九州焼うどん発祥説

肴デブ  ああ肴デブ  肴デブ

 

焼うどん発祥については諸説ありますが、私は北九州発祥説を信じています。

 

なぜなら北九州が大好きだからだ!

 

治安が悪いだ、修羅の国だなんて言われてはいるが日本の近代化を支えた街なんです。

 

確かに、飲食店で暴力団排斥の看板掲げたら手榴弾を投げ込まれた…とか

 

マンションの一室からバズーカ数点押収とか

 

倉庫から軍事用ロケット砲とか…。

 

こ、こわいんですけど((((;゚Д゚)))))))

 

ま、それも10年以上前の昔の話ですから(最近だから!)

とまぁ焼うどんからだいぶ話が逸れましたが、要はそれだけエネルギッシュな街だと擁護したいんです。

 

で話は戻って、そんな北九州で『だるま堂』という焼うどん専門店がありまして、その店が発祥と言われてるんです。

おばあちゃん1人で切り盛りしてます。

野菜切るのも、焼うどん作るのも、皿洗いも、会計も全部ね。

まぁ全ての所作がワイルドなんですよ。

衛生面は?なんて質問が飛んできそうですが『そんなの関係ねぇ、オッパッピー』てなもんですよ。

そしてでてくる焼うどんはこちら。

『ワイルドだろう?』(微妙に古い)

 

美味しいんですよ、冗談抜きに。

お店や、周辺の街の雰囲気も昭和レトロで堪らない。

この店、おばあちゃんがお店に立てなくなったらなくなるんだろうなぁ(涙

 

兎に角、北九州やこの店の雰囲気が素敵すぎるので、間違いなく焼うどん発祥はこの店だと盲信しておるんです。

 

山陰を愛し、紹介するブログでの北九州推し!

また、相棒に『主旨から外れたブログ書くな』って怒られるぜ。

 

『そんなの関係ねぇ、オッパッピー』ってなもんよ。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.