知られざる北朝鮮の酒事情

皆さま。

こんぬつわわ。

日本。泥酔百景のそんぐ太郎です。

やぁ。あの人は見事に泥酔するなぁ。

って、おい。

さて。今日は唐突に北朝鮮のお酒の話ですが。

ここのところ、あちこちで融和的な動きが目立つ北朝鮮。
核の放棄とかどうなる事やらですが。

 

しかし一方去年の話。
北朝鮮国内に  「飲酒歌舞禁止令」 というのが
発令されたそうだ。

ようするに、酒を飲んで楽しく歌ったり踊ったりしてはいけないという法律だ。

そんなせっしょうな・・・。

でもそれに違反したら最悪迫撃砲で処刑されるらしいぜ!(実例あり)

僕なら週5で撃たれるね!

 

そもそも迫撃砲て!
長距離から敵陣を攻撃するアレだろ?

 

そんなもん当たったら、
ハンターハンターのザコキャラみたいにバラバラになるわ!

こわヨヨヨヨヨヨヨヨ!!!。

 

 

で、お酒の話ですが。

まず北朝鮮で一番有名なお酒は大同江(テドンガン)ビール。

平壌市内を流れる川、「大同江」が名前の由来。
金正日の肝いりで開発されたものらしいが、これは普通にうまいとの事だ。

レストランなんぞではキンキンに冷えたテドンガンが飲めるらしいよ。

もう名前が何だか兵器みたいだネ!

 

 

テドンガン2号!なんつって!あははは!

 

 

なんつっ亭!

 

 

 

 

 

でも北朝鮮は実は焼酎がメインのアルコールなんですね。

きっと寒いからでしょう。

寒さはアルコールでしのぐ。

これが北国の常識だ!

色々と珍しい焼酎もあるみたい。

たとえばこれ。

 

どんぐり焼酎。
どんぐり臭さがウリって、どんぐり喰った事ねぇよ(しくしく)

アルコール度数30度。

まぁ、悪くはなさそうね。

試しに飲んでみたい。

 

 

 

続いては、これ。

高麗酒。

アルコール度数30~40度。
これは朝鮮人参から作られてるんですが、これがまたすごい。

 

なんと!

「高品質でいくら飲んでも二日酔いを引き起こさない」 by 平壌タイムズ

はいきた!

オマイガ!!

二日酔いにならない酒があっただと!

さすが北朝鮮。

人類が長年悩んできた二日酔いを「高品質」という単語で克服。

 

 

強ええ。強ええよ北朝鮮。

えー、しかしながら。

 

2014年に発表された研究によると、
朝鮮ニンジンは「水に比べると効く」と報告されてます。

 

 

水と比べると効くそうです。

 

水とくらべ(もういい)

 

やっぱ強ええよ北朝鮮。

 

かつて北朝鮮は「クムダン2」と呼ばれる
世界最強、いや人類史上最強の万能薬を開発したこともある。

それがこれなんですが。

 

植木鉢に刺す草木用の栄養じゃないですからねー。みなさん。

なんでも、この薬は以下にとても効くとの事。

・糖尿病
・薬物中毒、
・鳥インフルエンザ
・心臓病
・勃起不全
・風邪
・コンピューター使用による不調
・不眠症
・てんかん
・膀胱炎
・肝炎全般
・結核
・全ての癌
・性病
・アンチエイジング
・放射能予防

2つ3つ おかしなものが入ってますが。

これ1本でもはや不老不死!
核戦争が起きても生き残れるという
究極の秘薬だ。

しかし、後の調査では主成分は局所麻酔薬の一種「プロカイン」。
飲んでもただ、ボケーっとするだけのものだったようだ。

もう言ったもん勝ちだね!(勝ってない)

 

はぁ・・・。

あとは松の葉焼酎。
残念ながら画像はなかったけど
色は見事なまでの蛍光グリーン
相当きつい焼酎だそうだ。

 

最後の秘薬で完全にバテたのでこのへんにしといてやるよ!

まだまだ謎が多い北朝鮮。

今後の動向に目が離せないッゾ!(どんな終わり方だよ)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*